ようこそ認知言語学系研究室Webサイトへ
ようこそ、京都大学大学院 人間・環境学研究科 認知言語学系研究室へ。

当研究室では、「言語は人間の身体化された認知能力と運用能力に深く根差した存在である」という認知言語学的な視点から、言葉と言葉の背後に存在する認知のメカニズムの解明を目指しています。

研究室の情報については、左のメニューからアクセスしてください。
今後の予定

    2月25日 京都言語学コロキアム

    日時:2月25日(土)13:30~
    場所:総合人間学部棟 講義室1107 

    ・第一発表
    発表者:高梨克也(京都大学大学院情報学研究科)
    タイトル:他者の発話を理解することの生態学的価値を考慮した 発話理解モデルの提案
    キーワード:環境適応,他者の認知の利用,関連性理論,アブダクション
    備考:発表内容は去年12月の語用論学会でのものとほぼ同様です。語用論学会での発表要旨は以下の通りです。
    従来の語用論理論では,聞き手が話し手の発話を理解することの動機の存在は自明とみなされているのに対して,本発表では,発話理解を聞き手となる主体の環境内での情報行動の一つであると考える,より広範な生態学的観点からの理論的検討を行う.具体的には,「主体B が他の主体A の観察可能な振る舞いなどから,A の認知状態についての情報を獲得することを通じて,環境についての情報を間接的に獲得し,自身の行動に利用する」という,「他者の認知の利用」(高梨2010)という現象に着目することによって,話し手の発話を聞き手が理解することの持つ,聞き手自身にとっての環境適応上の生態学的価値という視点を導入し,この視点から,関連性理論(スペルベル& ウイルソン1999)における,伝達原理と認知原理という2つの仮定を批判的に再検討することを通じて,生態学的に健全な新たな理論的提案を行う.
    参考文献:(1) スペルベル, D. & ウイルソン, D. (1999)『関連性理論:伝達と認知(第2版)』(内田聖二他(訳),研究社出版),(2) 高梨克也(2010)「インタラクションにおける偶有性と接続」,木村大治・中村美知夫・高梨克也(編著)『インタラクションの境界と接続』,昭和堂,39-68.

    ・第二発表
    発表者:杉山さやか(関西外国語大学 非常勤講師)
    タイトル:日本語と英語の談話における指示と照応(仮)
    キーワード:指示表現、情報構造、身体性、事態把握、カテゴリー化
    備考:本発表では、日本語と英語の指示表現に関し、談話・情報構造・記憶・身体性・事態把握・カテゴリー化といった認知的観点から考察します。

    2月23日 言語フォーラム

    日時:2月23日(木)13:00~
    場所:総合人間学部棟 1107号室

    ・第一発表
    発表者名:神原 一帆(谷口研究室M1)
    タイトル:概念的階層構造の統語的反映
    キーワード:上下関係,タクソノミー,挙動分析 (behavioral profile)
    備考: Croft & Cruse (2004: Ch.6)では代表的な意味関係の1つとして挙げられる上下関係の認知言語学的な解釈が示されている.これに加え,Cruse (2002) では,上下関係はその関係自体が非常に複雑であることが指摘されている.このような研究は上下関係を同定することに焦点が当たってきたことが特徴として挙げられる.だが,このように上下関係にあると認定された語彙が具体的にどのような使用域を持つのかに関しては議論がされていなかった.本発表では上下関係という意味関係が統語的に反映されているのではないかという仮説の下に,Gries (2010) が提唱する挙動分析 (behavioral profile) がこの分析に有用ではないのかという点を考察する.

    ・第二発表
    発表者:田中 悠介(谷口研究室M1)
    タイトル:話し手の「共感」は言語理解の過程にも反映されるか?
    キーワード:視点、言語理解、メンタルシミュレーション
    備考:久野 (1978) が示した「授与動詞の視点制約」は、言語表現にその参与者に対する話し手の共感 (Empathy) が反映されている一例である。ただしこの制約は、あくまで話し手にかかるものである。本研究は、受け手が授与動詞を含む表現を理解する際も、話し手と同様に共感の対象となる参与者を自己同一視していることを実験により示す。

    2月16日 自主ゼミ

    日時:2月16日(木)13:00~
    場所:総合人間学部棟 1107号室

    ・第一発表
    発表者:岡久 太郎(谷口研究室D1)
    タイトル:類音性を利用した和歌修辞に関する一考察: 認知言語学の観点から
    キーワード:類音性、和歌修辞、偶然性、伝達者と解釈者、記号的言語観、言語理解過程
    備考:
    (1)
    a. … 春べは花折り”かざし” 秋立てば黄葉(もみぢば)”かざし” … (萬葉集、巻二、196)
    b. … 藤”ごろも” 織れるこ”ころも” …(古今集、巻十九 雑体、1002)

    上記の2例において、古来より (1a) と比較して (1b) の方が押韻において優れているとされてきた。九鬼周造は、この点を「偶然性」という観点より早くから説明している。すなわち、(1b) は偶然性を有するのに対し、(1a) はむしろ必然性を有する音の類似であると九鬼は説明する。
    本発表では、類音性を利用した修辞が九鬼の考える偶然性の体系内のどこに位置付けられるかについて、伝達者と解釈者との2つの立場を分け、それぞれから考えていく。
    その上で、認知言語学の記号的言語観から言語理解過程に関する仮説を導出し、これが偶然性を有する歌の方がそうでない歌よりも押韻において優れているとされる理由を説明しうるということを示す。