ようこそ認知言語学系研究室Webサイトへ
ようこそ、京都大学大学院 人間・環境学研究科 認知言語学系研究室へ。

当研究室では、「言語は人間の身体化された認知能力と運用能力に深く根差した存在である」という認知言語学的な視点から、言葉と言葉の背後に存在する認知のメカニズムの解明を目指しています。

研究室の情報については、左のメニューからアクセスしてください。
今後の予定

    6月24日 京都言語学コロキアム

    日時:6月24日(土)13:30~

    場所:総合人間学部棟 1107号室

    ・第一発表

    発表者:許 逸如(国立台灣大学語言學研究所 (Graduate Institute of Linguistics, National Taiwan University) )

    タイトル:Seeing Sounds: The Multimodal Metaphor of Visualized Sounds/Music in Music-themed Manga and Auditory-related Print Advertisements

    キーワード:multimodal metaphor, synesthetic metaphor, musical-themed manga, print advertisement

    備考:Multimodal metaphor studies investigate metaphors from multimodal discourse, including advertising, films, comics, music, etc. However, there is scant literature dealing with nonverbal cross-sensory representation between sounds/music and visual media. This study aims to bridge this gap through the examination of how sounds/music is represented in visual media, using Japanese music-themed manga and advertisements as examples. The study includes several genres of Japanese music-themed manga, including classical music, traditional Sokyoku, rock, and heavy metal music. In addition, the study investigates 130 auditory-related print advertisements, including advertisements of earphones, earplugs, speakers, etc. Our significant findings are described as follows. First, visual elements can represent invisible sounds/music by using metaphors, metonymies and symbols. Second, different genres of music exhibit different figurative representations. In fact,  different manifestations of visualized music somehow correspond with sound symbolism and “Bouba-kiki effect” (Ramachandran & Hubbard 2001). Also, the manifestation is based on the physical facts of sounds/music. Third, the results also show multi-modality phenomenon entailing synesthetic experiences. The study concludes with the statement that it sheds light on our overall understanding of the relationship between multimodal metaphor of sounds/music and visual media, and between metaphors and cross-sense synesthesia. It contributes to the theories of both multimodal metaphors and the relationship between metaphor, cognition and visual arts.

    ・第二発表

    発表者:木本幸憲(名古屋大学人文学研究科日本学術振興会特別研究員PD)

    タイトル:フィリピン型ヴォイスから事態類別体系へ:アルタ語の動詞形態論の歴史的発達と類型論的位置づけ

    キーワード:アルタ語(ISO-639: atz)、フィリピン型ヴォイス体系、動詞形態論、事態認知、オーストロネシアの比較言語学

    備考:本発表では、フィリピンのルソン島で話されているアルタ語の動詞形態論の意味的分析をベースにして、その通時的発達の推定と言語類型論的にみた当該システムの位置づけについて考える。特にこの言語では、フィリピン型のヴォイスシステムが変化した結果、事態類別体系ともいうべき機能を担うようになったことを論じる。

     

    6月22日 言語フォーラム

    日時:6月22日(木)13:00~
    場所:総合人間学部棟 1107号室
    ・第一発表
    発表者:井上優大 (谷口研M2)・春日悠生 (谷口研M2)・神原一帆 (谷口研M2)・佐藤雅也 (谷口研M2)・田中悠介 (谷口研M2)
    タイトル:俺の言語観がこんなに科学的なわけがない
    キーワード:科学、方法論
    備考:現代の言語学では科学的であることが求められたり、良しとされることが多いが、その際の「科学」は人によって相当に異なる用いられ方をしている。本発表では、一般的な「科学」観と、言語学が科学をどう捉えてきたかを概観し、言語学が「科学」とどう向き合うべきかを検討する。

    6月15日 言語フォーラム

    日時:6月15日(木)13:00~
    場所:総合人間学部棟 1107号室
    ・第一発表
    発表者:永井宥之(谷口研D1)
    タイトル:「-た」の情報源と長期記憶
    キーワード:長期記憶、ムードの「-た」、エビデンシャリティ、ミラティビティ
    備考:日本語の動詞「-た」形には、過去や完了というテンス・アスペクト的な用法だけでなく、いわゆる「発見」や「想起」といったムード的な用法の存在が指摘されている。本発表ではこの「-た」について、話し手がどのような情報をもとに文を述べるかというエビデンシャリティの観点から考察を加える。
    ・第二発表
    発表者:井上拓也(谷口研D2)
    タイトル:アイヌ語沙流方言の場所表現における「場所名詞」に関する研究
    キーワード:アイヌ語沙流方言,アイヌ語口承文芸コーパス,場所名詞,参照点構造
    備考:アイヌ語の文法的制約である「場所表現 (中川 1984)」で現れる「場所名詞(位置名詞を伴わずに格助詞を後置している名詞)」について,ウェブ上で公開されている「アイヌ語口承文芸コーパス」(アイヌ語沙流方言)から場所名詞を収集し,形態的な特徴に基づいてそれらを3つに分類する.場所名詞のいずれの場合も他の概念との依存関係をその概念構造の中に有していることを論じた後,結論として位置名詞を伴う名詞句と同じ対立関係あるいは参照点構造(Langacker 1993)を概念構造として共有することを主張する.(日本言語学会第154回大会での口頭発表の練習です.)