ようこそ認知言語学系研究室Webサイトへ
ようこそ、京都大学大学院 人間・環境学研究科 認知言語学系研究室へ。

当研究室では、「言語は人間の身体化された認知能力と運用能力に深く根差した存在である」という認知言語学的な視点から、言葉と言葉の背後に存在する認知のメカニズムの解明を目指しています。

研究室の情報については、左のメニューからアクセスしてください。
今後の予定

    4月19日 京都言語学コロキアム

    日時:4月19日(木)13:00~
    場所:総合人間学部棟 1107号室
    ・第一発表
    発表者:緒方悠介 (谷口研究室 M1)
    タイトル:「日常会話における関西地方の方言「知らんけど」のもつ意味・役割」
    キーワード:語用論,主体化,談話標識,会話の協調規則,
    備考:関西地方における方言のひとつとして、発話末に現れる「知らんけど」という表現が存在する。この表現の一部である接続詞「ケド」の機能の変遷を主体化(Langacker 1999)を用いて分析したり、談話標識(Schiffrin 1987)、会話の協調規則(Grice 1975)といった考え方を援用したりすることで、談話においてこの「知らんけど」表現が果たす機能や、使用される場面・文脈の条件などについて捉えようとした。
    (卒業論文をもとにした発表です。)

    ・第二発表
    発表者:岡久 太郎 (谷口研究室 D3)
    タイトル:「状況に依存した構文使用: 教育が言語知識に与える影響を考慮して」
    キーワード:使用基盤モデル, 構文産出, 国語教育
    備考:本発表では、小学校2〜5年の児童の作文を分析し、学年ごとに使用されやすい構文の種類が異なることを示し、その差は言語発達の度合いだけではなく、国語教育における指導にも関係している可能性があることを指摘する。先行研究においては、使用基盤モデルに立脚し、個々人の教育におけるインプットの差が特定の構文理解の正確さや速さに影響を与えることが示されているが、これらの研究では、高水準の教育を受けたか否かという観点から個々人を分類している。そこで、本研究では、同一の教育課程における学年の差に着目することで、より詳細に言語教育が個人に与える影響を考えることを目指す。

    4月12日 京都言語学コロキアム

    日時:4月12日(木)13:00〜場所:総合人間学部棟 1107号室
    ・第一発表発表者:春日 悠生(谷口研D1)・神原 一帆(谷口研D1)・田中 悠介(谷口研D1)
    タイトル:「意味」は実証の対象か?
    キーワード:方法論,理論研究,実証研究,意味論備考:近年、認知言語学において量的研究の重要性が叫ばれている。しかし、認知言語学において重要視される「意味」は、量的に実証できる対象か否かは定かではない。本発表では、意味が実証可能であるとする立場 (Geeraerts 2010 など) とそれに反対する立場 (Talmy 2000 など) のそれぞれの主張を概観し、意味論研究の可能性を探る。

    ・第二発表
    ※本年度初回のフォーラムのため、第二発表の時間はオリエンテーションを行います。

    2月24日 京都言語学コロキアム

    日時:2月24日(土)13:30~
    場所:総合人間学部棟 1107号室

    ・第一発表
    発表者:友繁有輝 (大阪大学大学院)
    タイトル:ケネディ大統領の演説分析 -アメリカン大学卒業式での演説 (1963)を対象にして-
    キーワード : 概念メタファー、批判的談話分析
    備考:ケネディ大統領のアメリカン大学卒業式での演説 (1963)を対象に主にメタファーを中心として批判的談話分析 (Charteris-Black 2011, 2014)の観点から演説を分析する。

    ・第二発表
    発表者:佐野泰之(京都大学)
    タイトル:ギュスターヴ・ギヨームと言語の現象学
    キーワード:G. Guillaume、H. J. Pos、M. Merleau-Ponty、現象学、ラング、パロール、潜在性
    備考:本発表では、20世紀フランスの言語学者ギュスターヴ・ギヨームの諸著作を、とりわけその言語哲学としての側面に注目して考察する。言語学の分野では、ギヨームは冠詞や時制についての研究業績を残したことで知られているが、他方で彼は、その独創的な言語理論によってメルロ=ポンティ、リクール、ドゥルーズといった20世紀フランスの哲学者たちにも大きな影響を与えた。ギヨームの言語理論の特徴の一つは、言葉というものを、産出されたdiscoursにおいてではなく、discoursを産出しつつある話者の思考プロセスの只中で記述しようと試みた点にある。本発表ではとりわけメルロ=ポンティのギヨーム評価を考察の糸口として、このような姿勢のもとで形成されたギヨームの言語理論が現象学の企てに大きな寄与をなしうるということを明らかにしたい。