ようこそ認知言語学系研究室Webサイトへ
ようこそ、京都大学大学院 人間・環境学研究科 認知言語学系研究室へ。

当研究室では、「言語は人間の身体化された認知能力と運用能力に深く根差した存在である」という認知言語学的な視点から、言葉と言葉の背後に存在する認知のメカニズムの解明を目指しています。

研究室の情報については、左のメニューからアクセスしてください。
今後の予定

    4月29日 京都言語学コロキアム

    日時:4月29日(土)13:30~

    場所:総合人間学部棟 1103号室

    ・第一発表

    発表者:神澤 克徳(京都工芸繊維大学)

    タイトル:メディアを中心に見られる拡張的な連体修飾表現の分析

    キーワード:連体修飾,拡張表現,意味の希薄化,メディア

    備考:近年,テレビやインターネット等のメディアを中心にしばしば目にする「〜問題」(例:すまふぉの容量足りない問題),「〜件」(例:Tシャツよれよれな件)などの連体修飾表現について分析する。

    ・第二発表

    発表者:黒田 一平(龍谷大学/京都ノートルダム女子大学 非常勤講師)

    タイトル:書記体系と文法化

    キーワード:文法化, 一方向性仮説, 言語変化, 文字, 書記体系, 約物 (punctuation mark)

    備考:これまでの文法化研究においては、意味変化や音声・音韻的変化が重視され、文字や書記体系における変化には注目されてこなかったように思われる。この点に注目した研究として、中村 (2007) は、ラテン語et ceteraが英語etc. へ短縮され、さらにand so forthと「訓読み」される例や、唐代における漢数字「ニ」が反復記号「=(〃)」へと変化する例をあげ、文法化と平行するような、「文字」から「記号」への「記号化」の過程が考えられるのではないかと述べている。また、漢字においては、単体字が会意や形声により合体字の構成要素となる変化や(示+申> 神)、漢字から仮名への変化に、意味の一般化や喪失、生産性の増大、元の文字との分岐や重層化などの文法化と関連する性質が見られる。さらに現在のインターネットでは、文字・表記が関わる言語変化がかつてない速度で展開している。これらの事例をもとに、本発表では、文字や書記体系における変化には文法化と同じく一方向的な変化の傾向がみられることを示唆する。

     

     

    4月27日 言語フォーラム

    日時:4月27日(木)13:00~

    場所:総合人間学部棟 1107号室
    ・第一発表発表者:関根雅晴(谷口研究室M1)

    タイトル:北海道方言における”V-(r)asar構文”の認知文法論的アプローチ

    キーワード:認知文法、北海道方言、(ラ)サル、Iモード認知、地域方言

    備考:北海道方言には、動詞語根に形態素 /-(r)asar-/ を後接することにより表される”V-(r)asar構文”が存在する。本発表では、はじめに、当該構文を包括的に論じたいくつかの先行研究をもとに、V-(r)asar構文の性質を概観する。また、認知的な観点にもとづき整理を行い、各用法を貫くのスキーマを提示する。その上で、Agent が文中に現れないという当該構文の特徴について、事態認知のモード(cf. 中村 2004,2009) や、地域方言が主として話し言葉として使用・形成されてきたことなどを考慮に入れ、説明を試みる。
    ・第二発表発表者:佐藤嘉晃(谷口研究室M1)

    タイトル:asの意味論

    キーワード:認知意味論、スキーマ、プロトタイプ

    備考:英語の単語asは様々な意味を表す多義語である。接続詞のasに限っても様態、時、比例、理由など様々な意味を表すことができる。これらの意味は一見それぞれが表す意味内容により独立して存在しているように思える。しかしながらこれらの意味は互いに連続性を保っており、あるスキーマを基に意味拡張していったものだと考えることができる。本発表ではそのスキーマを”similarity”と仮定し、何と類似するのかというその焦点を明らかにした上でそれぞれの意味のつながりを示していく。

    4月20日 言語フォーラム

    日時:4月20日(木)13:00~
    場所:総合人間学部棟 1107号室
    ・第一発表
    発表者:鳥越地子(谷口研究室M1)
    タイトル:日本語補助動詞テシマウと英語get受動文における話者の感情表出
    キーワード:アスペクト、語用論的意味、感情表出、NSM
    備考:日本語の補助動詞「-てしまう」は話者の「残念さ」や「後悔」といった話者の感情を含意し、英語のget受動文が類似した含意を持つことがあると指摘されている。両形式の類似した感情的意味の基盤として先行研究では共通のアスペクト的性質が指摘されているが、本論では感情的意味の派生をさらに詳しく検討するとともに両形式の相違点についても検討した。具体的にはget受動文の感情的意味は主語参与者の「利益性・被害性」及び「責任性」という語用論的含意によるところが大きいのではないかと指摘した。さらに、両形式の感情的意味のNatural Semantic Metalanguage (NSM)によるexplicationを試みた。
    ・第二発表
    発表者:酒井啓史(谷口研究室M1)
    タイトル:tell / say + NP (+to-)の意味論
    キーワード:認知言語学,語法研究,発話動詞,tell,say,百科事典的知識
    備考:本稿では,発話動詞tellとsayに後続する名詞句の対立について考察する。ある種の名詞句には,tellには後続しうるがsayには後続しえない名詞句,逆にsayには後続しうるがtellには後続しえない名詞句がある。
    (1)   a.     John told the truth (to Mary).
    b.  ? John said the truth (to Mary).
    (2)   a.     John said a word (to Mary).
    b.  * John told a word (to Mary).
    本稿では,発話動詞tellとsayを用いた構文形,tell + X (+ to -)とsay + X (+ to -)は事象の連鎖の段階にそれぞれ違いが見られることを示し,変数Xにある種の名詞句を代入したとき,それぞれの構文形が持つ意味と代入した名詞句の意味,日常経験・常識 (百科事典的知識 cf. Taylor (2003: 84-100)) の整合性の度合いによって,(1)(2)のように後続しうる名詞句に違いが生じることを主張する。