ようこそ認知言語学系研究室Webサイトへ
ようこそ、京都大学大学院 人間・環境学研究科 認知言語学系研究室へ。

当研究室では、「言語は人間の身体化された認知能力と運用能力に深く根差した存在である」という認知言語学的な視点から、言葉と言葉の背後に存在する認知のメカニズムの解明を目指しています。

研究室の情報については、左のメニューからアクセスしてください。
今後の予定

    10月28日 京都言語学コロキアム

    日時:10月28日(土)13:30~
    場所:総合人間学部棟 1107号室

    ・第一発表

    発表者:堀内ふみ野(慶應義塾大学大学院)
    タイトル:親子の会話における前置詞と副詞辞 ー響鳴のパターンに基づく分析ー
    キーワード:響鳴 (resonance)、対話統語論 (dialogic syntax)、英語前置詞、副詞辞、親子のインタラクション
    備考:英語圏の親子会話のコーパスを用いて子どもの前置詞・副詞辞の使用事例を観察し、Du Bois (2001, 2014) の対話統語論の枠組みに基づいて分析します。特に、対話統語論で重視される「響鳴」に着目して前置詞・副詞辞の産出事例を観察し、子どもの月齢に応じた響鳴の起こり方の変化や、前置詞と副詞辞それぞれの用法における響鳴の起こり方の特徴を示していきます。それを通して、子どもが親とのインタラクションの中で前置詞・副詞辞を習得する過程を探ります。

    ・第二発表

    発表者:濵野寛子(名古屋学院大学)
    タイトル:助数詞「件」の意味カテゴリーに関する認知言語学的分析
    キーワード:カテゴリー化、意味拡張、スキーマ、ドメイン、イヴェント、formal性/official性
    備考:事物を数える際に用いられる助数詞には、独自の事物の分類基準があり、その分類基準には我々の事物の「捉え方」が反映されていると言われる。従来、主要な助数詞の意味や用法に関して分析・記述がなされてきたが、まだ十分ではない。

    本発表では、助数詞「件」を取り上げる。「件」は広く出来事を数えるとされるが、その使用をみると、どのような出来事でも「件」の対象となっているわけではなく、また、どのような文脈でも「件」が用いらるわけではない。本発表では、認知言語学の理論的枠組みから、こうした「件」の使用について分析を行い、スキーマにもとづいた「件」の意味拡張の認知プロセスを示し、ドメインの概念も援用しながら「件」の意味カテゴリーの記述を試みる。(本発表は、ICLC14のポスター発表の内容に基づいています)

    10月26日 言語フォーラム

    日時:10月26日(木)13:00~
    場所:総合人間学部棟 1107号室

    ・第一発表

    発表者:関根雅晴(谷口研M1)
    タイトル:Traugott,E.C. and G,Trousdale. 2013. Constructionalization and Constructional Changes, Oxford: Oxford University Press.
    キーワード:構文文法、文法的構文化、語彙的構文化、構文変化
    備考:表題の書籍の書評を行います。

    10月12日 言語フォーラム

    日時:10月12日(木)13:00~
    場所:総合人間学部棟 1107号室

    ・第一発表

    発表者:石田育子(谷口研M2)
    タイトル:Littlemore, Jeannette. 2009.
    Applying Cognitive Linguistics to Second Language Learning and Teaching
    キーワード:認知言語学、第二言語習得、外国語教育
    備考:表題の書籍の書評を行います。